メークロン号横の海軍レストランでマテガイの辛いの

2020年1月14日
メークロン号横の海軍レストランでマテガイの辛いの_c0030645_23223411.jpg
メークロン号横の海軍レストランでマテガイの辛いの_c0030645_23223804.jpg
昨日はプラ・ジュンジョムクラオ要塞というところに行き、タイ海軍の保存館、メークロン号を見てきました
メークロン号は戦前に日本に発注して建造した日本製の軍艦なんです

メークロン号横の海軍レストランでマテガイの辛いの_c0030645_23224295.jpg
見学の後はメークロン号のすぐ横にあるレストランでランチにしました

メークロン号横の海軍レストランでマテガイの辛いの_c0030645_23224713.jpg
このレストランはタイ海軍の経営とかでウエイトレスのみなさん(全員じゃない)はセーラー服を着てるんです
セーラー服姿を写真に撮らせてもらおうと思ったんですが、勇気がでず・・・こんな写真しか撮れませんでした(^^ゞ

メークロン号横の海軍レストランでマテガイの辛いの_c0030645_23225289.jpg
メークロン号横の海軍レストランでマテガイの辛いの_c0030645_23225646.jpg
注文ですが、メニューはタイ語のみです・・・(^_^;)
一部写真もありますが、それには値段がない!?
魚を頼もうとしたらずらりと330バーツ~370バーツ・・・けっこう高いんです

メークロン号横の海軍レストランでマテガイの辛いの_c0030645_23230002.jpg
なんで、貝に変更します(^^ゞ
このホイ・ロート・パット・チャーという料理の値段を聞いてみると100バーツ=360円とリーズナブルです
たぶんマテガイでしょう、マテガイの辛し炒めみたいなもんでしょ?
セーラー服を着ていないガトゥーイぽいお姉さんに辛くていいの?と聞かれたんですが、出来心でハイと言っちゃったので心配です

メークロン号横の海軍レストランでマテガイの辛いの_c0030645_23230474.jpg
マテガイの炒め来ました

メークロン号横の海軍レストランでマテガイの辛いの_c0030645_23230829.jpg
ご飯はクマさんの型で来て可愛いです
日本でも流行りそうな感じ、でも、なんでクマなの?
もしかしてタイ海軍のマスコットなのかな(^^ゞ

メークロン号横の海軍レストランでマテガイの辛いの_c0030645_23231381.jpg
マテガイは辛いけど美味しいです(^_^)
否、マイ・ペット・マイ・アロイ(辛くなくちゃ美味しくない)ですよね
口に広がって燃え上がった辛さも、水を飲むと収まってきました
クマのご飯も全部食べちゃいました

メークロン号横の海軍レストランでマテガイの辛いの_c0030645_23231892.jpg
メークロン号横の海軍レストランでマテガイの辛いの_c0030645_23232205.jpg
さて、これはメークロン号の厨房にあったお釜なんです
メークロン号は1996年まで現役だったそうで、いうろいろ近代化で改装されたようですが、この窯にははっきりと東京・亀戸の文字が浮かんでいますね
なんか嬉しいです(^^ゞ

トラックバックURL : https://kimcafe.exblog.jp/tb/30674356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ヒョウちゃん at 2020-01-15 23:59 x
レストランもあるんだ。
ぜひ行きたいです。
話変わって。
女子のセーラー服って日本で学校の制服みたいに特化しちゃったものでしょ。
本来は水兵の服です。
香港のスターフェリーなんか年季の入ったおっさんが着用してますね。
セーラー服のおじさんウエイターが来るって可能性はありますね。
タイ一択にありましたが、その手の人ばかりのフードコートがありますね。全員AKBもどきのセーラー服みたいなの着て。
今度そこ行ってください。リクエストです。
Commented by kimcafe at 2020-01-16 21:35
ヒョウちゃん
レストランもあります
てか、メークロン号の周りにはレストランと売店しかない・・・(^^ゞ
ここで食べる以外に選択肢はないです
ここのウエイトレスはセーラー服の頭に白い衛生用のカバーを付けてるんだよね
ちょっとそこが興ざめです
タイ一択のはサタニーミーホイというゲイレストランですね
一人じゃ行きにくいね(^^ゞ
by kimcafe | 2020-01-15 23:44 | ・タイ 中部 Cent.Thai | Trackback | Comments(2)

日本各地、世界のB級グルメ体験をレポートするブログです!新しい天体を求めて旅立ちませんか(^^ゞ B ClassGourmet, The alternative gastronomy


by kimcafe